<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

晴れホール

梅雨です。那須の湿気がすごいのは昨年身にしみましたので、今年は随分気をつけて、窓をあけて空気を動かしたり。でもなぜか弦楽亭のイベントがあるときってぽっと雨がやむんですよね。不思議な晴れホールです。

弦楽亭のまわりの、冬には通れた犬の散歩道があっという間にジャングル状態になって通れなくなってしまいました。オレンジがかった自然の色が美しい山つつじが今年は満開で、しばし楽しんだ後は、虫が多くなって夏がすぐにやってきます。木苺があちらこちらでなっていて、両親の犬が喜んで食べています。今は蚊の対策はかかせません。それでも朝夕はすーっと冷えるからさすが高原です。

さて、4月のレコードコンサートに続いて、5月は私がマネージメントをしている2つの弦楽四重奏、姐御の芸ストは叔母のソプラノとのコラボ、コラボはいつも難しいですね。雰囲気は良かったんですが、リベンジが必要かなと。。妹分のカルテット彩は、メンバーが再び揃ったお帰りなさいコンサート。なかなかフレッシュですが、今各自が一番忙しい年頃だから、ユニットとして続いていくでしょうか? 無理やりはよくないから、自然に、様子を見ていこうと思っています。

それでも、やっぱり弦楽亭は弦のためのホールだなあ、しみじみと、その音響の素晴らしさを再確認といったところでした。

6月にはピアノトリオ、私の姉、妹に、西那須野のいつもの安達さんを加え、雰囲気ばっちり。このユニットで那須近郊で売り出したらどうかしらん、というぐらい、なかなか素敵な音楽です。

そして、昨年もあったフィルムフェスティバル、今年は重めだったかな。考えさせられる内容でした。弦楽亭は映画館としてもばっちりです。


7月は貸しホールがいっぱい。フィルムフェスティバルの実行委員にもなっているだんなはん、貸しホールの担当でもあり、ちょっと忙しそう。そして毎日のメンテナンスもあるから、大変。頑張ってね。

そうそう、那須中学校のMy Challengeプログラムで学生が一人弦楽亭にやってきました。一週間社会で働く体験をレポートするプログラムだそうです。どうだったかな?弦楽亭としてはたくさん手伝ってもらったのでとっても感謝なのです。


そして、いよいよ8月はジャズピアニストの山下さん登場。うちのピアノ大丈夫か?
まだお席ありますから、ぜひぜひお越しくださいね。まじかで見れる稀少な機会ですよ。

(by靖奴)
[PR]
by genrakutei | 2008-07-03 13:11