最高の音楽、最高の人

今年の那須の夏はほとんど太陽を見ず、毎日曇りか雨で、いやいや、湿気がホントに大変です。

カビとの壮絶な戦い、クローゼットから畳からタンスから、すべてが臭うのです。クリーニングのおばちゃんも、那須の人はみんなカビにやられた服をもちこんでいます!だそうで。

だから、もちろん、ホール内の湿気対策は大変。旦那はん毎日最新の注意を払いました。
特にピアノです。だって8月には世界の巨匠、ジャズ界一流、あの山下洋輔氏をお迎えしなければなりません。

そして当日、チケットは完売御札、100名の入場は弦楽亭の記録です。それでも余裕あって椅子を並べられたので、たぶん弦楽亭120名ぐらいでも大丈夫かな!

ほんの1時間足らずのリハで、さて本番。あっという間に大きなそして深い音楽の世界です。全身がぞくぞくとしっぱなし。ひじ打ち奏法のピアノの音がホールいっぱいに広がりました。でも無節操ではもちろんなくて、本当にジャズの真髄を聴かせてくれるのです。素敵。。。。。。。。

打ち上げでは、動物行動学で盛り上がりました。いつも思うけれど、音楽の素敵な人は人間も奥深い。いろいろな分野に造詣が深くてとても楽しいんです。見習わなくちゃ。旦那はん、春奴ともども影響されまくりです。

云い忘れましたが、7月にはオーストリアからピアノトリオのアーティストが来日、音楽を本当に身近に、生活するように奏でる、その音楽との接し方には脱帽です。日本ではなかなか難しいですね。

そうそう、私が音楽仲間と楽器を弾く演奏会、アマチュアの底力もありました。いつものごとく、反省しきりだけれど、楽しく燃えた一日でした。

さて、9月は中国楽器の登場です。北京オリンピックが終わったばかりで旬な感じですね。アーティストは北京出身です。中国のお琴に中国の木琴。楽しみです!

那須はもう秋の気配、さんまを七輪で焼きたくなります。赤とんぼが飛んでいますよ。
秋晴れの日が多いといいなあ。

(by靖奴)
[PR]
by genrakutei | 2008-09-01 18:00