<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

民族の血

c0133041_17495118.jpg
1月に、春奴の高校からの同級生、同じ大学出身で、今は雅楽の分野で活躍されている中村さんの篳篥(ひちりき)のコンサートがありました。みんなで一緒に吟詠したり、日本伝統の音楽を肌で感じたひととき。篳篥の音は、日本の血の叫びのように、ぐっと迫る、表現豊かな音で、こんな音だったんだと、目からうろこでした。

そして、彼女の扮装は、これもまた、日本古来の着物。ああ、日本人だぁ。

さて、2月には、お近くの、モンゴルをフィーチャリングした宿泊施設のテンゲルが、そこで演奏されている馬頭琴とお琴の夫婦と、さらにホーミー(同時に2つの音を口で出す)奏者による、モンゴル楽器によるコンサートを、弦楽亭で開催されました。みなさんモンゴルの方です。このご夫婦は、2年前のまだ弦楽亭が始まってすぐのころにも、一度コンサートされています。その後モンゴルに帰国され、演奏にますます磨きをかけての、再登場です。雄大な草原、馬のいななき、モンゴルの民族の、脈々と伝わるいろいろな色彩が、弦楽亭に広がりました。

彼らのモンゴル衣装も、伝統的な、民族衣装。

c0133041_1750599.jpg

それぞれに、持っているいろいろな伝統や古来から伝わる心、大切にしなくては、と改めて思いました。

でも、中東紛争が続いているのも、結局は民族の血、いいことばかりだとよいのに。

(by靖奴)
[PR]
by genrakutei | 2009-02-22 17:54